スタッフブログ

家づくりの主人公は誰?

スタッフ & 日々のできごと、学び

こんにちは。

 

みなさんが、家づくりをしようと考えるとき、

工務店や住宅メーカーに「家を建ててもらおう」とまず考えますよね?

まず、それが一般的な進め方だと思います。

確かに建築業者さんは、家を建てることが仕事ですから、

依頼した業者さんの能力の範囲で、どんな家でもつくってくれると思います。


しかし、その家があなたの『暮らし方』に、合っている家かどうかは分かりません。


まず、ここでしっかり考えていただきたいのは、

家をつくる時の主人公は『業者』ではなく『あなた自身』だということです。

あなた自身がイメージをしっかりと膨らませ、しっかりと業者に伝える。

その作業なしで、いい家づくりは、絶対、進まないんです。

 

家づくりの主人公は誰でしょう.jpg



「そんなの当然じゃないか」と思われたかもしれません。

そう、当然なんです。


でも、

「当社の家づくりは、こんなところがいいんですよ」

「今はこの設備が人気なんですよ」

と業者の説明を聞くうちに、必要なものを削ったり、要らないものを加えたりしない

と、言い切ることができるでしょうか。


業者は良い情報を提供しているだけです。

そして、それを取捨選択するのはあなたです。

でも、あなたのイメージが固まっていないと、

業者の提案が最善のように感じられて、ついフラフラとなってしまいませんか。


家が完成した時は、それだけで、とてもうれしいのですが、

住み始めてから、なんか違うとか本当はこうじゃなかったとかで、後悔したり

あるいは、意図としないことで予算オーバーになってしまったとか・・・

そういったケースをよく耳にします。


暮らしのイメージをしっかり固め、自分達の考えとしてしっかり業者さんに伝えるためには、

家族の日々の行動パターンや、その意味を理解することが必要ですし、

これからどんな暮らしをしていきたいのか、それらをしっかり考えまとめておくことが大切です。

 

家づくりの主人公は誰でしょう2.JPG


自分たちにとっていい家をつくるためには、

まずはそこから始めてみることをお勧めします。




一覧に戻る

最新記事

テーマ

月別アーカイブ

PAGE TOP