施工事例

ブルーベリー畑がある 家庭菜園を楽しむ木の家

新築 / 家族構成 夫婦+子ども2人 / 滋賀県甲賀市

コンセプト

敷地・建物の形状

  • 切り妻屋根
  • 2階建て
  • そよ風
  • 敷地内駐車2台

インテリア

  • 1階デッキ

キッチン

  • I+I型カウンター

生活スタイル

  • 景色を楽しむ
  • バーベキュー
  • 家庭菜園

設計

  • 土台・柱・梁 滋賀県産木材
  • 設計 平野住建
  • 施工 平野住建
  • 2009年8月竣工

面積

  • 敷地面積:496.95㎡
  • 建築面積:51.50㎡
  • 延床面積:84.00㎡
  • 1階床面積:49.00㎡
  • 2階床面積:35.00㎡

家づくりストーリー

家ができるまで

漠然と家が欲しいと思い始めたのは4年ほど前のこと。
現在の古い社宅でも特に不満はありませんでしたが、いつまでも借り物に住んでいることもできないと思い、自分たちの家を持つことを考えました。
それで、住宅展示場などを休みのたびに見てまわったのですが、なんとなく何かが違うと感じるのでした。
そんな2007年冬、道すがらソーラーハウスの看板が目に入り、ふらっと入ったのが平野住建でした。
『完全に違う。』
自然と長い時間を過ごしてしまうようなゆったりとした雰囲気。こんな家ならず~っと居たい。こんな家なら住んでみたい。夫婦揃ってそう思いました。

自然の中で暮らしたい

私は独身の頃から木の家に憧れを持っていました。
選んだ土地を見ても分かっていただけると思いますが、自然の中で暮らすことを大事にしたいという夢がありました。
自分自身、樹脂アレルギーが出ることもあり、接着剤を使用するクロスや新建材には抵抗がありました。また、エネルギーをたくさん使って機械的に長時間空調するのも、熱帯魚が飼われている様子と重なり違和感がありました。
妻や子供たちには冬も暖かい家で生活して欲しいと思うのですが、暖房をがんがんかけて部屋を暖めるのは間違っているという思いもありました。私たちは人工的に手が加えられたものの中に居ればいるほど、無意識に違和感を感じるようになっているのではないだろうかと思います。
そう、最近の家は何か足されすぎている気がします。
平野住建の家はず~っと居ても違和感がなく、自然に近いためか気持ちがふんわりとします。

これからの生活風景

一体感の強い一階、一階と適度につながる二階。
どこにいても家族の気配を感じながら生活できる家になったと思います。
リビングの大きな開口から視線の広がる眺め。晴れの日はもちろんのこと、雨の日でも窓の外を眺めるのが楽しみです。
たくさんの人に来てもらいたいです。
両親や友人にはゆっくりと過ごしてもらいたいです。
家の周りを緑でいっぱいにします。
小屋を建てます。
ロフトへの階段をつくります。
二階にブランコを下げます。
庭でバーベキューをします。
七輪で魚を焼きます。
キッチンで趣味のお菓子作りを再開。
住み始めてからが忙しい!

最後に・・・

ここまでありがとうございました。
内部がどんどん仕上がっていく様子を見るたび気持ちよさを感じ、 これからはここが自分たちの家になるんだという喜びでいっぱいです。
何より早く住みたい!
長い時間をかけたけれど、初めて建てる家だけれど、他に換えられない心地よさを手に入れることができたと思っています。
平野住建さんとは間違いなくこれからの付き合いのほうが長くなります。
住んでみてからでないと分からないことや疑問に思ったこと、メンテナンスのことなども これからは教えてくださいね。会社からも近いことですし、これからもよろしくお願いします。

これから建てられる方へ

不安なことはすぐ聞きましょう。
理解にパワーがいることも結構あります。
いい家になることは間違いありませんから。

一覧に戻る

この施行事例を見た人は、こんな施行事例も見ています。

PAGE TOP