施工事例

母屋とのプライベートを 保ちながら暮らせる木の家

家族構成 夫婦 / 新築 / 実家の離れ / 滋賀県東近江市

コンセプト

新幹線の高架が道向かいにあり、騒音と振動が問題の敷地に建てた家です。母屋の隣の敷地でもあるこの敷地は、母屋との一定のプライベートの関係も重要なポイントとなりました。リビングや寝室などの配置に配慮しています。収納にもこだわりがあり、アイロン専用の収納スペースなど、収納にもいろいろな工夫がされています。

敷地・建物の形状

  • 切り妻屋根
  • そよ風
  • ロフト
  • 敷地内駐車2台

インテリア

  • ウォークインクローゼット
  • 和室
  • カウンター
  • 1階デッキ
  • バルコニー

キッチン

  • アイランド+I型カウンター

生活スタイル

  • バーベキュー

設計

  • 土台・柱・梁 滋賀県産木材
  • 設計 平野住建
  • 施工 平野住建
  • 2011年11月竣工

面積

  • 敷地面積:209.66㎡
  • 建築面積:66.81㎡
  • 延床面積:122.60㎡
  • 1階床面積:60.60㎡
  • 2階床面積:42.00㎡
  • ロフト:20.00㎡

家づくりストーリー

平野住建に決めた理由

結婚当初から妻が抱いていた"家を建てたい"という希望を叶えようと、動き始めたのは約2年前のことです。  まずは様々な大手ハウスメーカーを見て回りましたが、 何かピンと来ない、何か違うという思いから、今度は工務店を探すようになりました。そして、ある工務店に絞っていたところ、 妻がインターネットで平野住建さんを見つけ、平野住建のお家を見せていただくことにしたのです。  ハウスメーカーさんでは、「地震に強い」などといった構造面での説明が多かったのですが、平野社長は、構造面がシッカリしているのは当たり前のことで、住んでからの長い将来を見据えた生活面まで考えて設計しているという話をしてくれたのです。 私たちは、平野住建のお家を見て、そして話を聞いて、「コレだ!」と思ったのです。  平野住建さんでお願いしようと決めたものの、なかなか土地が決まらず、その後約1年あまり土地探しで時間が過ぎました。その間に参加した住まい教室や完成見学会では、家づくりに対しての自分磨きをすることができました。そして、新しく出来ていく先輩方のお宅を見ては、我が家が出来たときの夢や希望をさらに膨らませていったのです。

平野住建へのメッセージ

そして、待ちに待った我が家が完成しました。着工まで2年という月日があったからでしょうか、社長のスケッチから始まった私たちの家づくりは、今日を迎えるまであっという間だったように感じます。  その間、いろいろな私たちのリクエストを聞いて、柔軟に対応してもらいありがとうございました。「これぞ職人!」というところを見せて頂いた大工さんたち、いつも心を和ませてくれてるスタッフのみなさん、見学会ではいつもすばらしい装飾をされ、美味しい紅茶を入れてくださる杉岡さん、その他、私達の家づくりに関わっていただいた皆さま、本当にありがとうございました。  最後に、妥協のない「これぞプロフェッショナル」の仕事を見せて頂いた社長、本当にありがとうございました。 これからも長~~~いお付き合い(某銀行さんみたいだけど)よろしくお願いしますね。

一覧に戻る

この施行事例を見た人は、こんな施行事例も見ています。

PAGE TOP