家づくりの進め方

将来の暮らしが幸せでなければ、家づくりを成功したとは言えません。

建てて良かったと思えるために

何のために家を建てようとしているのかを、今一度しっかりと考えてほしい

失敗しない家づくりとは、満足した家を満足した内容で手に入れることだけではありません。
家を建てたことが、自分達の将来の幸せな暮らしに結びついていなければいけないのです。

家を持つことは誰もがうれしいことです。
しかし、実際、家を建てて5〜10年くらい経った家庭の多くでは子供の塾や習い事に関わる時間や仕事場の問題などに、住宅ローンの返済と子供の養育費などの経済的要因が加わり精神的なダメージがボディブローのように加わってきます。

特に家を建てたために発生してしまった住宅ローンが苦になっていることが多いようです。
「このローンさえなければ・・・」とよく聞く話です。

これでは、家を建てたことが、幸せにつながっていないと思うのです。この家を建てたから、他では叶わなかった暮らしが手に入ったと思えていないからです。

家を建てるとき重要なのは、建てたことによって自分達の人生がどれだけ豊かになるかです。
家を建てて30年後に「この家を建てたからこそ、自分たちはこんな幸せな暮らしができた」と言えることが大切なのです。

そのためには、何のために家を建てようとしているのかを、今一度しっかりと考えてほしいのです。
二人が結婚をした時、おそらく明るい将来を夢見ていたと思います。それから日々が過ぎて、今、家を建てようという時期にきたはずです

イメージ

どのような暮らしの場でどのような時間を過ごしていきたいのか

イメージ

ですから、家づくりは自分たちが思い描く幸福像に向けて計画をすべきなのです。
家を手に入れたら、どのような暮らしの場でどのような時間を過ごしていきたいのか、シーンごとにしっかり思い描いてほしいのです。

そうすれば、建てた家だからこそできた「幸せな暮らし」が手に入るのです。

「建てて良かった」「失敗しない家づくりができて良かった」と本当の意味で、思えるはずです。

PAGE TOP